最近は高校生の勉強方法も親御様の世代とはぐっと変わってきました。通信教育でも、難関コースほどタブレットでないと受講できないものが多いようです。数学の立体の説明や小難しい物理の説明などは、やはり動画の方が良いのでしょう。

というわけで、高校生のタブレット使用率というのはどんどん高くなっています。そんな時代ですから、高校生の参考書というのも、デジタル書籍化しているんですよ。

参考書というのは、書き込みをしたりマーカーを引いたり付箋を貼ったりして何度も何度も繰り返し読むものだというイメージがあるかもしれません。確かに、そういう勉強法も大切です。ですが、本屋でパラパラ見てみて「良さそうだ。」と思って買ったけれど、実際に使い始めるとそこまででもなかったという場合があります。もったいないですよね……。そういうムダ買いしてしまった、使っていない参考書が増えてしまうと、片付け場所にも困ります。ですから、参考書を選ぶ際には、デジタルで使ってみてよほど良いと思ったら紙のものを買う、というのも良いと思います。

高校生の参考書をデジタルでお探しなら、こちらのゴマブックスがおすすめです。受験生の保護者の方が読んでおいて良いよいな書籍もありますので、一緒にお探しになってみてはいかがですか。

This entry was posted on 火曜日, 6月 27th, 2017 at 12:00 AM and is filed under デジタル技術. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a reply

Name (*)
Mail (will not be published) (*)
URI
Comment